Alfa Romeo 147 selespeed

最近とても涼しくなってきましたね

Alfa Romeo 147 selespeedです

セレスピード故障の警告灯がメーターパネルに表示されて走行できません

さて

故障コードはたくさん入っていました

IMG_3543_convert_20140919213846.jpg
いろいろ入っています

状況を確認してみると、警告灯の表示とともに警告音も鳴っています。

警告音は定期的に鳴ってはいませんでした。どういう状態の時に鳴っているのか?

最後まで残っていたのはこちらのコード
IMG_3547_convert_20140919213949.jpg
IMG_3546_convert_20140919213925.jpg
ポンプ駆動リレーが立ち往生?

すぐさまこちらを確認
IMG_3548_convert_20140919214011.jpg
写真は撮れませんでしたがプレッシャーが一時的に75bar付近まで上昇しています

70bar付近まで上昇すると故障の表示と共に警告音も鳴り出します
そして60bar付近で警告音は止まります

その状態で走行するとギアは入らなくなり, IGOFFしてもエンジンルームからリレーのチャタリングをおこす音や
セレに関する部品がガチャガチャと動いています。 バッテリーが上がってしまうまで…
この状態の時にECUの電源ヒューズを抜くととまります。
そしてヒューズをつけてエンジン始動すると何事もなくギアは入ります

それならばと圧力が上昇する前にギアを1速やRに何度もガチャガチャと動かして圧力を使ってみると
故障コードは入らないし警告音もなりません

圧力の上昇と共にポンプをストップさせるも、それ以上に圧力が上がってしまいECUが判断できなくなっているのでしょうか?

IMG_3559_convert_20140919214034.jpg

この辺りを交換します

もちろん圧力も45~55barで安定しました。  バッチリでございます

IMG_3561_convert_20140919214119.jpg
故障コードの入力もありません

警告音もなりません

直った!

IMG_3563_convert_20140919214146.jpg
IMG_3564_convert_20140919214211.jpg
最後にあれやらこれやらまとめて終了です

三輪舎さま 資料ありがとうございました
オートミルテック様 ありがとうございました

お疲れ様でした





最近の福岡
IMG_3566_convert_20140919214240.jpg
こんなことして遊んでいます  ヒヒ


最近の長男坊
ちゃり通

最近の次男坊
塾の先生より
〔お父さん!カラカラに乾いたスポンジが一気に水を含んで重たくなりましたね!〕と言われる

最近の長女
バスケの大会や練習試合が続いて頑張っている













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。