基本は大事だな~


W124

アイドリングが1500rpm~2000rpm位から下がらず、たまにハンチングも起こすというメルセデスベンツW124

スロットルアクチュエータやECUも交換済みとのことです

まず、燃圧などを確認しましたが問題なし

確かに回転数が下がりません

いろいろ確認しましたが原因はつかめず…

少しでも制御系のデータが見たいと思いDASをつないで見ます

IMG_2501_convert_20130903232924.jpg

エンジンを始動して5秒後には回転数が上昇します

と同時にDASの通信も停止してしまいます?

何度やっても同じです

診断機の問題だろうなと思い他の診断機を接続してみます

IMG_2499_convert_20130903232852.jpg

こちらでも全く同じです

IGONの時には通信してデータも少しですが確認できます

が エンジン始動後5秒くらいすると通信が停止してしまいます

ん???

しばらく考え込んでしまいました

もしやと思いすぐにチャージ量を測定してみます

IMG_2503_convert_20130903232952.jpg

ビンゴー

オーバーチャージです   リレーのヒューズなども切れていません

試しにB端子の接続を外してみると回転数の上昇もなくなりベストアイドルとなりました

オルタネータを良品と交換して終了です

IMG_2581_convert_20130903233020.jpg
IMG_2583_convert_20130903233049.jpg

基本って大事だなと思いました

お疲れ様でした




今夜の福岡

涼しくなった!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れ様です
フィットやモビリオでオルターネータが故障して時々電圧が高くなる事がありますが、17ボルトを超えるとEPS(電動パワステ)のランプがチカチカします
DS708でモニターしながら2500rpmキープしていると発生しやすいです
まだ蒸し暑いです
台風にお気を付け下さい

NAOKI様
貴重な情報ありがとうございます!
台風嫌です…嫌いです…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。